[English | Japanese]

千葉 直也

所属・連絡先

東北大学大学院 情報科学研究科
システム情報科学専攻 橋本研究室 博士課程後期1年

〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-01 東北大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 橋本研究室
Tel: 022-795-7021
Email: chiba(at)ic.is.tohoku.ac.jp

主な研究内容

  • プロジェクタ・カメラシステムを用いた三次元計測
  • ビンピッキングタスク応用を中心とした三次元点群処理
  • 三次元点群処理の計算化学への応用

目標

  • 幅広い知識を身につける
  • 楽しい大学生活を送る
  • 机の周りを片付ける

目標達成のために

  • 自主的に学び,積極的に研究を進める
  • 研究室に来る
  • 交通事故に気をつける

近況

  • 実力不足を痛感しているので,他人より速く,他人より長く,手と頭を動かし続けたい.
  • 博士課程後期に進学しました.
  • ロボティクス専攻のH30年度院生会長になりました.
  • 学会発表準備中.

略歴

  • 2018.04 東北大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 博士課程後期3年の課程 進学
  • 2018.03 東北大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 博士課程前期2年の課程 修了
    (修士論文: 輝度伝達行列のスパースセンシングに基づく表面形状推定 / 3D Shape Estimation Based on Sparse Sensing of Light Transport (LT) Matrix)
  • 2016.04 東北大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 入学
  • 2016.03 東北大学 機械知能・航空工学科 卒業
    (卒業論文: 対象の光学特性に対応した三次元計測法 / Adaptive 3D Measurement for Target Objects Optical Specification)
  • 2012.04 東北大学 機械知能・航空工学科 入学
  • 2012.03 岩手県立盛岡第一高校 卒業

プロジェクト・資金獲得状況

受賞

  • The 5th Case Western Reserve University - Tohoku University Joint Workshop Best Poster Presentation Award
  • 2018 IEEE Robotics and Automation Society Japan Joint Chapter Young Award (ICRA2018)
  • Graduate Program in Data Science International Kick-off Symposium Best Poster Presentation Award
  • 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2017 優秀講演賞

学術雑誌等

  • 福地 伸晃, 千葉 直也, 橋本 浩一.CADモデルを用いないばら積みシーンからの物体検出.日本ロボット学会誌 (RSJ), Vol. 36, No. 5, pp. 368-375, 2018. DOI: 10.7210/jrsj.36.368.
  • [In press] Naoya Chiba, Koichi Hashimoto. Homogeneous Light Transport (HLT) Matrix estimation based 3D shape measurement. International Journal of Mechatronics and Automation (IJMA).

国際学会など

  • Naoya Chiba, Koichi Hashimoto. LTM (Light Transport Matrix) estimation method under saturated condition by using Saturation ADMM. The 5th Case Western Reserve University - Tohoku University Joint Workshop, Sendai, Japan, August 2nd-3rd (Presentation in 2nd), 2018.(査読なし,ポスター発表,Best Poster Presentation Award 受賞)
  • Naoya Chiba and Koichi Hashimoto. Ultra-Fast Multi-Scale Shape Estimation of Light Transport Matrix for Complex Light Reflection Objects. The 2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2018), ThA@O.5, Brisbane, Australia, May 21st-25th (Presentation in 24th) 2018.(査読あり,ポスター発表,2018 IEEE Robotics and Automation Society Japan Joint Chapter Young Award (ICRA2018) 受賞)
  • Naoya Chiba and Koichi Hashimoto. Fast Light Transport Matrix Estimation for 3D Shape Acquisition. Graduate Program in Data Science International Kick-off Symposium, Sendai, Japan, February 22nd-23rd (Presentation in 23rd), 2018.(査読なし,ポスター発表,Best Poster Presentation Award 受賞)
  • Naoya Chiba and Koichi Hashimoto, 3D Measurement by Estimating Homogeneous Light Transport (HLT) Matrix. The 2017 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (ICMA2017), WA2-2(3), Takamatsu Japan. August 6th-9th (Presentation in 9th), 2017, pp. 1763-1768. doi: 10.1109/ICMA.2017.8016084.(査読あり,口頭発表)
  • Naoya Chiba and Koichi Hashimoto, 3D Measurement by Estimating Light Transport Matrix. 3rd Annual Data and Life Science Collaboration & Symposium. Cleveland, USA. August 3rd-4th (Presentation in 3rd and 4th), 2017.(査読なし,ポスター発表)
  • Naoya Chiba, Shogo Arai, and Koichi Hashimoto, Feedback Projection for 3D Measurements Under Complex Lighting Conditions. The 2017 American Control Conference (ACC2017), FrA18.5, Seattle, USA, May 24th-26th (Presentation in 26th), 2017, pp. 4649-4656. DOI: 10.23919/ACC.2017.7963673.(査読あり,口頭発表)

国内学会など

  • 千葉直也,橋本浩一.三次元計測のためのサチュレーションに対応したスパース推定法.第21回 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2018),PS1-30,札幌,8月5-8日(発表6日),2018.(査読なし,ポスター発表)
  • 千葉直也,橋本浩一.多段解像度LT行列推定を用いた三次元計測法.第24回 画像センシングシンポジウム (SSII2018),IS3-04,横浜,6月13-15日(発表15日),2018.(査読なし,ポスター発表)
  • 千葉直也,橋本浩一.サチュレーションとガンマ補正を考慮したプロジェクタ・カメラシステムの光学キャリブレーションツールの開発.ロボティクス・メカトロニクス講演会 2018 (ROBOMECH2018),2A1-M13,北九州,6月2-5日(発表5日),2018.(査読なし,ポスター発表)
    ソースコード
  • 小松大和,千葉直也,橋本浩一.三次元構造マッチングを用いたペプチド立体構造探索手法の構築.情報処理学会第80回全国大会,7ZF-02,東京,3月13-15日(発表15日),2018.(査読なし,口頭発表)
  • 千葉直也,橋本浩一.LT 行列の推定に基づく三次元計測法.第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SICE SI2017),1C2-16,仙台,12月20-22日(発表20日),2017.(査読なし,ポスター発表,第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2017 優秀講演賞 受賞)
  • 千葉直也,橋本浩一.物理シミュレーションと透視投影カメラモデルを用いたバラ積みシーン点群生成プログラムの開発.ロボティクス・メカトロニクス講演会 2017 (ROBOMECH2017),2A2-O09,福島,5月10-13日(発表12日)2017.(査読なし,ポスター発表)
    動画ソースコード
  • 千葉直也,荒井翔悟,橋本浩一.フィードバックプロジェクションを用いた三次元計測.第4回サステナブル/ロボティック・システム・デザイン研究会,栃木,9月7-8日(発表7日),2015.(査読なし,ポスター発表)
  • 荒井翔悟,千葉直也,福地伸晃,橋本浩一.3D Keypoint 対応付けの高精度化に関する検討.ロボティクス・メカトロニクス講演会 2015 (ROBOMECH2015),1A1-H03,京都,5月17-19日(発表18日),2015.(査読なし,ポスター発表)

その他

  • PCL VisualizerのユーティリティプログラムRabvの開発(産業ロボットの2,3,4番目の動画).

login