[English | Japanese]
 
visual servoing visual servoing high-speed vision high-speed projector controlling paramecia swarm tracking microscope networked control systems members
<- previous photo
next photo  ->

 
 

About

本研究室では,認識行動システムによる高速かつ柔軟な作業の実現を目指し,視覚認識と運動制御を統合的に解析・設計するビジュアルサーボを中心テーマとして,ネットワーク化制御系の解析・設計,高速ビジョンシステムの開発,システムバイオロジーへの展開など,基礎・理論とシステム開発・応用の両面からの研究に取り組んでいます.

進学を希望する方 (主に大学受験生) へ
卒業生の主な進路
学生のこえ

News

2018

  • N. Chiba, K. Hachimoto, "LTM (Light Transport Matrix) estimation method under saturated condition by using Saturation ADMM" が The 5th Case Western Reserve University-Tohoku University Joint Workshop において Best Poster Presentation Award を受賞しました.
  • Kingkan君,Joshua君,橋本教授の論文がBMVCにアクセプトされました.
    Cherdsak Kingkan, Joshua Owoyemi, Koichi Hashimoto, "Point Attention Network for Gesture Recognition Using Point Cloud Data," The 29th British Machine Vision Conference (BMVC2018)
  • 千葉君,橋本教授の論文がBMVCにアクセプトされました.
    Naoya Chiba, Koichi Hashimoto, "Sparse Estimation of Light Transport Matrix under Saturated Condition," The 29th British Machine Vision Conference (BMVC2018)
  • 千葉君がIEEE RAS-JJC Young Award (ICRA2018) を受賞しました.
  • Kingkan君,橋本教授の論文がICPRにアクセプトされました.
    Cherdsak Kingkan and Koichi Hashimoto, "Generating Mesh-based Shapes From Learned Latent Spaces of Point Clouds with VAE-GAN", International Conference on Pattern Recognition (ICPR2018)
  • Li君,橋本教授の論文がICPRにアクセプトされました.
    Mingyu Li and Koichi Hashimoto, "Fast and Robust Pose Estimation Algorithm for Bin Picking Using Point Pair Feature", International Conference on Pattern Recognition (ICPR2018)
  • 千葉君,橋本教授の論文がICRAにアクセプトされました.
    Naoya Chiba and Koichi Hashimoto, "Ultra-Fast Multi-Scale Shape Estimation of Light Transport Matrix for Complex Light Reflection Objects", International Conference on Robotics and Automation (ICRA2018)
  • Joshua君,橋本教授の論文がICRAにアクセプトされました.
    Joshua Owoyemi and Koichi Hashimoto, "Spatiotemporal Learning of Dynamic Gestures from Point Cloud Data", International Conference on Robotics and Automation (ICRA2018)
  • C. Kingkan, K. Hachimoto, "Generating Mesh-base Shape from Learned Latent Spaces of Point Clouds with VAE-GAN", N. Chiba, K. Hachimoto, "Fast Light Transport Matrix Estimation for 3D Shape Acquisition"がそれぞれ Graduate Program in Data Science International Kick-off Symposium において Best Poster Presentation Award を受賞しました.

2017

  • 草,鏡,橋本,"高速ディスプレイ映像に隠蔽されたマーカを用いるモバイルARシステム",千葉,橋本,"LT行列の推定に基づく三次元計測法",福地,橋本,"形状モデルを用いないばら積みシーンの物体検出"がそれぞれ第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2017優秀講演賞を受賞しました.
  • 山口助教らの論文"Implementing Tactile Behaviors Using FingerVision"が国際会議IEEE Humanoids 2017にてMike Stilman Awardを受賞しました。
  • 中井教授(埼玉大学)らとの共著論文がJournal of Neuroscience Methodsに掲載されました。
    A new platform for long-term tracking and recording of neural activity and simultaneous optogenetic control in freely behaving Caenorhabditis elegans, Keiko Gengyo-Ando, Yuko Kagawa-Nagamura, Masamichi Ohkura, Xianfeng Fei, Min Chen, Koichi Hashimoto, Junichi Nakai, 論文 2017.7.15
  • 木村准教授(大阪大学)らとの共著論文がeLifeに掲載されました。
    Calcium dynamics regulating the timing of decision-making in C. elegans, Yuki Tanimoto, Akiko Yamazoe-Umemoto, Kosuke Fujita, Yuya Kawazoe, Yosuke Miyanishi, Shuhei J Yamazaki, Xianfeng Fei, Karl Emanuel Busch, Keiko Gengyo-Ando, Junichi Nakai, Yuichi Iino, Yuishi Iwasaki, Koichi Hashimoto, Koutarou D Kimura, 論文, 解説, 2017.5.23
  • 千葉君、荒井さん、橋本教授の論文がACCにアクセプトされました。
    Feedback Projection for 3D Measurements Under Complex Lighting Conditions, Naoya Chiba, Shogo Arai, Koichi Hashimoto, 2017.1.22.
  • Pudith君、荒井さん、Vlad君、橋本教授の論文がSensorsに掲載されました。
    Multiple Drosophila Tracking System with Heading Direction, Pudith Sirigrivatanawong, Shogo Arai, Vladimiros Thoma, Koichi Hashimoto, 論文 2017.1.7.

2016

  • 科学研究費補助金新学術領域研究「生物ナビゲーションのシステム科学」が採択されました。領域web 2016.7.1
  • 今回の募集は締め切りました。2016.6.29(事務補佐員の募集を行っています。橋本にメールでご連絡ください。2016.6.21)
  • 鏡准教授、小見さん、橋本教授の論文がAdvanced Roboticsに掲載されました。
    Vol.30 Issue 5, 2016. 論文 2016.6.21
  • 荒井さん、原田さん、藤平さん、橋本教授の共著論文が日本ロボット学会に掲載されました。
    Vol.34, No.4, pp.261-271, 2016. 2016.6.21.
  • 谷本教授ら(生命科学研究科)とPudith君、荒井助教、橋本教授の共著論文がNature Communicationsに掲載されました。
    プレスリリース 2016.2.17.

login